丹後ひもの屋の 松葉ガニ

丹後ひもの屋の蟹は、山陰で水揚げされた蟹のみです。

丹後沖の松葉ガニ

丹後の海は、暖流と寒流が交わり沿岸域には、対馬暖流や丹後半島あるいは丹波山地の緑豊かな山々に源を発する河川の恩恵を受けて様々な海藻が生い茂り、魚やイカ、海老の産卵場としての稚魚や貝が育ち、四季折々、多くの魚介類が水揚げされています。又、対馬暖流と日本海固有水という冷たい海水の両方が影響を与え、マグロやブリなどの暖流性の魚ばかりでなく、ズワイガニ・ハタハタなどの冷水性の生き物も漁獲されます。特に丹後沖で穫れる日帰り漁のズワイガニは、他のズワイガニより足が長くて美しく味噌の味も絶品と言われ、漁獲量が少ないこともあり「幻の間人(たいざ)ガニ」の名で全国に知れ渡っています。

山陰各港のブランド松葉ガニ

error: